小豆島の料理と観光名所を満喫しに行こう!
2

「小豆島ってまだ行ったことがないんだよね〜」


そんな声を聞きまして、行こうじゃないか小豆島!!っと言う事で、
小豆島をぶーらぶーら観光しに行ってきます。

 

小豆島といえば、オリーブや素麺、醤油などの名産物や寒霞渓、エンジェルロードといった観光名所がある、見どころ満載な島です。

あじな散歩道の企画商品「瀬戸内旬の魚介と小豆島の味覚満喫会席」で、小豆島のおいしいもの、観光を満喫しましょう。

 

時刻は9時30分

高松港に全員集合した事ですし、集合写真を撮ったら

早速、高速艇に乗船し、小豆島に向かいます。

船から外の景色を眺めます。天気予報では「雨」と言われていたのに、この天気!
みなさんの日頃の行いがいいからですね。


小豆島の土庄町に着きました。高速艇だと約35分で到着します。


船を下りて、すぐそこに瀬戸内芸術祭のオブジェ「太陽の贈り物」があります。

結構大きい、みんなで写真を一枚。


次に、土庄港フェリーターミナルに向かいます。


徒歩3分程度で着きます。中に入り、「アートノショーターミナル」を見物しました。
芸術を堪能中に・・・、アイス売り場を発見!!

小豆島名産のオリーブを使ったソフトクリームをいただきます。
これから、ご飯なのに〜


いい感じにお腹がすいてきました。メインの食事会場に行きましょう。
食事をする場所は、ここから徒歩3分の「オーキドホテル」です。


今回は人数が多かったので、一部屋借り切り状態です。

 

全員着席し、いただきます。
すごいぞ!おいしそうだ!

海の幸、山の幸の食材がふんだんに使用されていますので、かなり堪能できます。
特に、焼き物に入っていたオリーブ牛がとってもおいしい!



他にも小豆島の名物の「そうめん」や・・・

「天ぷら4種」

「デザート」

など、どれもおいしく、量も満足です!
小豆島で瀬戸内の幸を満喫することができました。

今回は、時間の関係で入りませんでしたが、オーキドホテルには「癒しの温泉・塩の湯」があります。次の機会にはぜひ入りたいと思います!

 

 

食事も終わり、時刻は12時30分

あじの散歩道プランにはありませんが、せっかくの小豆島なので観光も楽しみたいと思います。
人数が多いので、「銚子渓チーム」と「瀬戸内芸術祭チーム」に分かれて移動します。

 

瀬戸内芸術祭チームとは別れ、銚子渓チームはレンタカーを借りて車で移動です。
小豆島は観光地が多く、レンタカーやレンタサイクルが港などから利用できます。


途中、大きな観音様が見えたので立ち寄ってみました。
なんと、全長約50m! 初代ゴ○ラと同じサイズ・・・

観音様の中は入ることもできます。

上から見る段々畑も絶景です。


《小豆島大観音》お勧めのスポットです。


そして一行は《銚子渓》に到着!

入り口に入ると早速お猿さんがお出迎えしてくれました。

入場券も可愛いデザインです。

白孔雀などがいる小屋を抜けていくとそこは『お猿の国』

ここからは可愛いお猿さんをどうぞ!

 

銚子渓には500匹お猿さんがいるそうです。

1回100円でお猿さんにエサやり体験もできますよ!


帰りにまたまた寄り道して『世界一狭い海峡』を観に行きました!
橋にも「ギネスブック認定」としっかり表記しています。

ここから瀬戸内芸術祭チームにお返しします。

 

 

こちら、瀬戸内芸術祭チームです。

 

オーキドホテルでレンタルサイクルし、土庄町の瀬戸内芸術祭の作品を見に行きました。
※瀬戸内国際芸術祭2016は11月6日までです。実際に行かれる場合は、作品が継続公開されることもあるようですので、各施設に確認をお願いいたします。

地図を貰って、まずは迷路のまちに向かいます。


自転車でちょっと迷いながら走ること10分、「迷路のまち」看板を見つけました。

隣には西光寺というお寺がありました。

せっかくなので、お参りをしていきます。

奥の院(誓願の塔)も見に行きます。

「誓願の塔」の周辺から土庄町を一望できました。

            〜 土庄町 〜           〜 世界一狭い海峡 土渕海峡 〜

 

では、当初の目的「迷路のまち〜変幻自在の路地空間〜」に戻ります。

(中は撮影禁止なので、看板と入口だけ撮りました。入口せまい〜。)
入口だけでなく、中も結構せまいです。部屋から通路、通路から部屋への出入り口がおもしろい!


 

もう一つの作品にも行ってみます。

 

(こちらも残念ながら中は撮影禁止でした。看板と入口だけの撮影となります。)
「大人が入ると詰まりそうな天井が低い通路」
こんな空間に普段入ることがないので、非常におもしろいです。

 

満足気分で、次は切手郵便局(土庄郵便局舎アートプロジェクト)に行きます。

表も裏も「これでもかー!」って言わんばかりに貼り付けています。
郵便局を郵送しそうです。ちなみに、この郵便局のとなりが先ほど紹介した「世界一狭い海峡 土渕海峡」になります。

 

では次に「大岩島2」に入ってみます。

 

バルーンの中に入って、360度の絵を見るのは不思議な感覚を覚えます。

 

瀬戸内芸術祭も大分堪能できました。次は「エンジェルロード」に向かいます。

エンジェルロードです。
今日の渡れる時間は13:45〜19:00のようです。

時刻は14時00分。いいタイミングで来れました。


おお〜、島への道ができてます。。さっそく、行ってみます。

 

この日も多くの観光客がこられていました。
道ができてすぐか、道が消えるころが見ごろだそうです。なかなかいい時間帯にこれたのではないでしょうか。
ちなみに、『大切な人と手をつないで渡ると幸せになれる』といわれているそうです。
もちろん、(男同士なので)やっておりません。

 

 

こちらが自転車で移動した観光場所になります。走行距離は約6km、土庄港近くでも充実した観光が楽しめました。

 

帰りの高速艇スーパーマリンで乗務員のオリーブしまちゃんに出会えました。


小豆島には今回紹介した「銚子渓」「土庄港周辺」以外にも名所はたくさんあります。

 

機会があれば、小豆島で楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

| あじな散歩道(小豆島) | 09:53 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |