あじな散歩道 くるりん四国日帰りプラン・松山の旅!
0

    こんにちは。

    今回は「あじな散歩道 くるりん四国日帰りプラン」を利用して、

    愛媛県松山市の道後温泉エリアに行ってきましたのでご報告します!

     

     

     

    Q:ところで、くるりん四国日帰りプランって何?

    A:JR四国全線フリーきっぷと食事がセットになった

      「四国デスティネーションキャンペーン期間限定」の

       お得な日帰りプランです。

     

      ※「四国デスティネーションキャンペーン」についての

        詳細は四国DCの公式HPを参照して下さい。

       (開催期間:2017年4月1日〜6月30日まで)

     

    それでは、さっそくレポートを始めます!

     

    ◇その1.香川県を出発〜愛媛県松山市へ! 

     

     ときは、2017年6月3日()8:45分〜

     天候は快晴!絶好の旅行日和です。

     まずはJR高松駅からJR松山駅まで特急列車で移動します!

     

     JR高松駅のホームで出発の列車を待っていると、、、

     観光列車の「四国まんなか千年ものがたり」が止まっておりました。

     とても綺麗な列車ですね〜。思わず記念撮影をしました!

     

     
     高松⇔松山間は特急列車で「約2時間30分〜」の時間がかかります。

     長旅に備えて、売店や車内販売で食べ物を買っておく事をお勧めします。

     

     今回はウィリーウィンキーで焼き立てのパンを購入しました!

     
     

     (特急列車に揺られること約2時間30分〜)

     

    ◇その2.愛媛県松山市・JR松山駅に到着! 

     

     まずは恒例の記念撮影から旅行スタートです!

     

     

     写真の様子からも当日の天候の良さが分かると思います。

     これからの行程が楽しみです!

     

     記念撮影を終えた後は、路面電車の伊予鉄道に乗って

     目的地である「道後温泉駅」まで移動します。

     

    ◇その3.愛媛県松山市・道後温泉駅に到着! 

     

     松山駅から道後温泉駅までは約20分くらいでした。

     路面電車の運賃はどこまで乗っても大人で160円!(子供は半額)

     運賃が一律で分かりやすくて良いですね〜。

     

     道後温泉駅を降りると、さっそく道後で有名な観光スポットである

     「坊ちゃん列車の展示」「カラクリ時計」がありました!

     

     

     

     

     特に「カラクリ時計」は8:00〜22:00までの間、

     「1時間毎に自動的に動く」ことで有名です!

     (※日によっては30分単位で動く日もあります)

     

     運よくちょうど12:00のタイミングに見ることが出来ました!

     まだ見たこと無いよ〜という方は是非見に行ってみて下さい。

     

    ◇その4.道後温泉駅から旅館【茶玻瑠(ちゃはる)】へ!

     

     道後の街並みを見ながら、昼食を予定している旅館に移動します。

     さすが四国屈指の温泉街とあって、独特な雰囲気の街並みです。

     これは夕方〜夜に歩いても雰囲気が出そうですね!

     

      

     駅から徒歩10分程度で【茶玻瑠(ちゃはる)】に到着しました。

     ときは既に12:00〜過ぎ、長時間の移動でお腹も空きました。

     さて食事、食事〜!(旅行の楽しみの半分はお食事です!)

     

     

    ◇その5.旅館【茶玻瑠(ちゃはる)】で豪華な昼食会! 

     

     茶玻瑠(ちゃはる)には初めて行きましたが、とても綺麗な旅館です。

     2階のレストランで美味しいコース料理を頂きました!

     

     

     特に愛媛名物の「鯛めし料理」は絶品でした。

     みんな、美味しくて何度もおかわりをしていました。

     その美味しさの様子は、、、下記の写真を参考にして下さい!

     

     

    ◇その6.昼食後、道後温泉エリアの観光・道後温泉本館へ!

     

     お腹も一杯になったところで、道後温泉エリアの観光に出かけます!

     今回の旅行では、「松山はいく」の観光ガイドさんに

     道後温泉エリアの観光案内をお願いしました!

     

     Q:松山はいく って何?

     A:個性豊かな地元の観光ガイドさんが

       一緒に歩きながら観光案内をしてくれるサービスです。

       〜まちを歩けば「しき」に出会う〜

        松山観光のまち歩きにはピッタリです!

     

     まずは「道後温泉の本館前」に行き、記念撮影をしました。

     ※赤いシャツの方が松山はいくの観光ガイドさんです!

     

     

     本館前で記念撮影をした後は、建物の中にも入って

     「又新殿(ゆうしんでん)」「坊ちゃんの間」を見学しました!

     

     特に「又新殿(ゆうしんでん)」は、かつて皇族専用の浴室として

     使われていたそうです。現在は使われていないそうですが、

     昭和天皇もご入浴されたことがある と聞きました。

     

     本館の3階・坊ちゃんの間からも記念撮影を一枚!

     

     

     道後温泉本館の室内を見学した後は、本館の北側エリアにある

     「玉の石」と呼ばれる展示物も見学しました。

     

     この石に道後温泉のお湯(石のすぐ近くにあります)をかけると、

     健康祈願・縁結び・商売繁盛などにご利益があるそうです。

     早速、お湯をかけてみました!(ご利益はあるかな〜!)

     

     

    ◇その7.道後温泉エリアの観光2・空の散歩道へ!

     

     本館の北側エリアを見学した後は、「空の散歩道」と呼ばれる

     遊歩道に行きました。頂上からは道後温泉本館の全体像を

     見ることが出来る有名スポットです!

     

     色が違う部分が後から建て増しされた部分です。

     こうして見ると、かなり大きな建物であることが分かりますね〜。

     

     

     ※今回はお昼に行きましたが、夜になるとライトアップされて

     とても綺麗でロマンティックな場所になるそうです。

     次回は夜に来てみたいですね!

     

    ◇その8.空の散歩道を通って道後公園・湯築城跡へ!

     

     道後温泉エリアを見学した後は、道後公園・湯築城跡に行きました。

     「日本の歴史公園100選」にも選ばれている由緒ある公園です。

     公園の敷地内にある、湯築城資料館を見学しました!

     

     

     また、当日は「湯築市」というイベントも開催されていました。

     屋台も沢山出ており、大勢の人で大変賑わっていました!

     (毎年5月頃から年6回開催されているそうです)

     

    ◇その9.道後公園・湯築城跡から子規記念博物館へ!

     

     道後公園・湯築城後を見学した後は、子規記念博物館に行きました!

     松山出身の有名な俳人・歌人である「正岡子規」に関する資料が

     約6万点〜も展示されています。

     

     

     〜柿食えば、鐘がなるなり、法隆寺〜

     ※子規は生涯で20万句以上の俳句を詠んだと言われています。

     

    ◇その10.子規記念博物館から松山駅へ・お土産を購入して帰路へ!


     子規記念博物館を出ると、あっという間にそろそろ帰りの時間です。

     楽しい時間は過ぎるのが早いですね〜。

     

     道後温泉駅前で松山はいくのガイドさんと解散し、松山駅まで戻ります!

     ※今回、我々の旅行の観光ガイドを担当して頂きました

      中原様には深く感謝を申し上げます。

     
     

     松山駅では、お土産として愛媛名物の「じゃこ天」を購入しました!

     

     

     ありがとう〜松山!また逢う日まで!

     ※沢山歩いたおかげで、帰りの列車ではぐっすり寝ることが出来ました。

     

    ◇その11.終わりに

     

     最後まで記事を読んで頂き、誠にありがとうございました。

     

     今回は松山観光に行きましたが、「あじな散歩道」の商品には

     四国外のコースも含めて沢山の観光コースがあります。

     

     

     

     「JR券+食事券+αがセット」になったお得な切符ですので、

     是非読者の皆さまも「あじな散歩道」を使って

     素敵な旅行をしてみて下さいね。

    | あじな散歩道(松山) | 11:53 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |