大歩危・祖谷 秘境の旅
0

    今回はあじな散歩道

    【和の宿ホテル祖谷温泉 昼 特選 季碧】
    を利用して『大歩危・祖谷』を旅します。

     

    秘境ともいわれる景勝地。
    カメラ好きの私としては楽しみな行き先です。

     

    メンバーの多くは高松駅からの出発なのですが、
    私は鴨川駅という無人駅からの出発です。

    ん?なんか綺麗な車両がいるぞ?

    まさかここで出会えるとは。
    JR四国で4月から運行が始まる観光列車

    『四国まんなか千年ものがたり』の車両。
    綺麗な車両ですよねぇ。乗ってみたいですねぇ。

     

    さて、他のメンバーと合流し、途中の宇多津駅から

    特急南風アンパンマン号に乗り換えます。


    途中の多度津駅で隣にまたも『千年ものがたり』の車両が。

    内装がチラリ。ゆったり食事してみたいですねぇ。

     

    多度津から1時間弱で大歩危に到着。

    アンパンマン、ありがとう。

     

    大歩危駅で出迎えてくれるのが、児啼爺(こなきじじい)です。
    ちゃんと帽子かぶって出迎えてくれます。

    記念写真を一枚。

     

    さっそくですが、昼食予定のホテル祖谷温泉の送迎バスでホテルに

    向かいます。その中でいろいろ祖谷について語ってくれます。
    壇ノ浦の合戦で敗れ、安徳天皇や平教経は身を投げたと言われていますが、

    実はこの地に落ち延びた…という伝説が残っているようです。

     

    「景色のいいところでバス停めますんでー」と言って停めてくれたところは

    ミシュランにも掲載された「ひの字渓谷」。


    絶景としか言いようのない景色です。

    祖谷の山々と渓谷美。

    しかし、画角が足りない…。

    もう少し広角であれば、この絶景をお伝えできたかも知れません…。

     

    そしてホテルに着いて昼食です。


    ご馳走。美味しかった〜
    名物のアメゴや祖谷そばだけでなく、一品一品美味しかったです。

     

    昼食の後はケーブルカーに乗って温泉に向かいます。


    このケーブルカー、めっちゃ急勾配で、170m降ります。

     

    ここは山の中。鹿もいます。

     

    降りた先は水が透き通る渓谷。

    今回は足湯だけですが、渓谷を眺めながらの温泉…良いでしょうねぇ。

     

    そしてホテル祖谷温泉の近くにはあの有名な小便小僧が建ってます。

    絵が遠い?時間がなかったんです…。

     

    のんびりしたいのですが、次の予定があります。
    次は『かずら橋』。


    まだまだ寒い季節ですが、観光客で賑わってます。

    たくさんの人が渡ってるので、めっちゃ揺れます。

     

    この『祖谷のかずら橋』は有名ですが、
    更に奥地、奥祖谷にも『かずら橋』があるそうです。
    そちらは2本架かっていて、『男橋女橋』あるいは

    『夫婦橋』と言われているそうです。
    さらに秘境、行ってみたいですね。

     

    そして最後は遊覧船。

    透き通った水が流れる大歩危の渓谷を船に乗って眺めます。

     


    この時期、遊覧船乗り場にはたくさんの鯉のぼりが泳いでます。

     

    遊覧船の社長が自宅の鯉のぼり10匹程度から始めたそうですが、
    観光客をはじめ全国から寄贈されるようになって、
    いまではたくさんの鯉のぼりが泳いでます。

     

    遊覧船にのると大歩危の奇岩を間近で見ることができます。

    これは獅子岩といわれてます。
    どうやったら、こうなるのか、自然の不思議です。

     

    船にのってゆったり大歩危の景色を眺めていると、
    またも『千年ものがたり』の車両が。


    緑豊かな季節、紅葉の中、あるいは雪景色・・・映えるでしょうねぇ。
    楽しみです。

     

    そろそろ帰路に。大歩危駅に戻ります。
    電車がくるまでの間、駅前の『歩危マート』でお買い物。


    なぜかシイタケが大人気。すごい肉厚で美味しそうだったんです。

     

    今回は見どころ満載の秘境の旅でした。

    そろそろ桜の季節。暖かくなってきます。

    今回訪れた渓谷、料理、遊覧船…

    どれも四季折々の姿をみせてくれるので、また訪れたくなりますね。

     

    さて我々の次の旅はどこでしょう。
     

    | あじな散歩道(大歩危・祖谷) | 10:13 | comments(0) | - |
    | 1/8PAGES | >>